有田(伊万里)焼

有田焼とは、佐賀県有田町を中心に焼かれる磁器のことです。
1616年に朝鮮人陶工・李参平が有田・泉山で磁器の原料となる陶石を発見し、日本で初めて磁器が焼かれました。それ以降、多くの陶工たちが一斉に磁器の製作に取り組み、一大産地を形成していきました。
有田焼には代表的な3つの様式があり、有田で江戸期に生産された濃い染付と金襴手と呼ばれる赤や金の絵の具を贅沢に使った模様からなる「古伊万里様式」、濁手(にごしで)と呼ばれる乳白色の背景に余白を十分に残しながら、色鮮やかな赤・青・緑・黄で草花文様や動物文様を控えめに配置し、独特の調和美を格調高く見せている「柿右衛門様式」、鍋島藩の御用か禁裡、幕府への献上用として作られた「鍋島藩窯様式」の3つです。
有田焼は18世紀ごろにヨーロッパなどに大量に輸出され、特に「古伊万里様式」や「柿右衛門様式」の磁器は、その美しさでヨーロッパの人々を魅了しました。その積み出しが伊万里港からされていたことから、「伊万里(いまり)焼」とも呼ばれます。

歴史

6世紀末の豊臣秀吉による朝鮮出兵に参加していた佐賀藩主の鍋島直茂が、朝鮮から連れ帰った陶工の李参平によって、有田泉山に磁器の原料である陶石が発見されたのが有田焼の始まりです。この時に焼かれたものが、日本で最初の磁器であると言われています。
有田は磁器の一大生産地として、誕生当初より日本全国から需要が高まり、17世紀半ばから長崎の出島を通じて、ヨーロッパへ大量に輸出され、ヨーロッパの宮殿を彩りました。有田焼は王侯や貴族を魅了し、ドイツのドレスデンのオーガスタ王は有田焼を参考に自国内で磁器を焼かせるほどになったといわれています。
また、1900年のパリ万博への出展ではメダーユドール(最高名誉賞)を受賞するなど、語り継がれる実績がいくつもあります。
現在では、400年の伝統と技法を守り、磨きをかける傍ら、若い作家や大小工房も意欲作を作り出しています。

概要

品名 有田(伊万里)焼
主な製品 装飾品、和洋食器
主な製造地域 佐賀県西松浦郡有田町、伊万里市、武雄市、嬉野市

佐賀県西松浦郡有田町、伊万里市、武雄市、嬉野市

産地情報:

佐賀県西松浦郡有田町、伊万里市、武雄市、嬉野市

有田町は佐賀県の西部に位置し、美しい景観を誇る田園地帯や黒髪連山など変化に富む豊かな自然に恵まれた温暖な気候の地域です。また、「棚田」という特徴的な景観を持つ稲作地であり、県下有数の畜産地でもあります。有田焼の「器」と農業の「食」の魅力を堪能できる町となっています。
伊万里市は有田町の北側と面し、古くは「古伊万里」の積出港として、また、石炭産業全盛期は石炭の積出港として栄え、近年では伊万里湾総合開発を軸に大規模な臨海工業団地を造成し、造船、IC関連産業、木材関連産業等の集積により近代的な工業港として発展しています。
武雄市は有田町の東側と面し、1,300 年の歴史を誇る温泉郷、400 年以上の歴史を誇る陶芸の里、そして巨木の里としても広く知られているところです。
嬉野市は武雄市の南側に面し、比較的穏やかな山に囲まれた盆地には茶畑や田園が広がり、のどかな風景になっています。全国的にも有名な嬉野温泉には年間で200万人近い観光客が訪れます。

佐賀県西松浦郡有田町、伊万里市、武雄市、嬉野市の伝統産業 有田(伊万里)焼唐津焼武雄古唐津焼西川登竹細工弓野人形肥前吉田焼
参考リンク 有田陶磁の里プラザ伊万里市観光協会武雄市観光協会嬉野温泉観光協会

有田焼 花瓶 ルリ金彩葡萄

 

¥8,000(参考上代)
最低ロット:1


【【参考上代】8000円
【最低ロット】1
【商品名】有田焼 花瓶 ルリ金彩葡萄
【サイズ】高さ18cm
【材 質】磁器
【包 装】化粧箱
【名入れ】ご相談下さい
【コメント】伝統工芸品「有田焼」の花瓶。深く美しい香蘭社独特のルリ色に金彩葡萄のデザインが豪華な花瓶です。毎日の生活のシーンを、ワンランクアップしてくれる上質な存在感があり、玄関や、和室、洋室にも素敵です。この商品についてお問い合わせする

ページ上部へ