キャンバスWスタイルバッグ

商品コード:18282
  • キャンバスWスタイルバッグ
参考上代
(税抜価格)

800円

最低ロット 50
カラー ナチュラル
サイズ 本体:約430×350×100mm、持ち手:約25×300mm、ショルダー部分:約30×950mm、容量:11L
材質 コットン100%
名入れ W200×H150mm
コメント 無漂白の天然素材(綿100%)を使用しています。サイズや形状バリエーションも豊富に取り揃えております。
※エコマーク付

エコバッグとは


エコバッグとは、その名の通りエコロジー(環境活動)の観点から生まれたバッグです。
買い物をすると、もらうレジ袋は毎日膨大な量が消費される中で、環境への影響が問題視されました。
そのため、エコバッグは使い捨ての買い物袋のイメージを変え、マイバッグとして自分専用の買い物袋というイメージをつくりだしました。
現在では、デザイン性の良いエコバッグが多く、ファッションの一部としても使われるようになっているようです。

エコバッグの歴史


半世紀以上前までは、買い物カゴを持参して買い物に行くというスタイルが一般的でしたが、高度経済成長が進む中で、丈夫で安いレジ袋が誕生し、普及していきました。
しかし、オイルショックを機に、石油資源を見直す消費者活動や、ゴミ問題などがきっかけで、レジ袋の再利用等の動きが出てきました。
1990年代に布製のエコバッグが日本に入って切った目、大手のスーパー等がエコバッグを販売開始しました。
また、温室効果ガスの影響による地球温暖化問題もあり、レジ袋からエコバッグの利用へと世の中が動き始めていったようです。

エコバッグの普及


環境省が平成19年に行った調査によれば、消費者の約6割がエコバッグを所有しているという結果となったようです。
その後も普及率が高まり、現在では多くの方が使用されています。
また、男性に比べ女性の普及率が高く、民間のアンケート(平成20年)では、8割以上の方が所有しているようです。

企業ノベルティとしても活躍


世の中のエコバッグへの意識が高まる中、各企業が展示会やイベント等のノベルティとして作成するケースも多くなってきました。
エコバッグに企業名を名入れすることで、企業名の認知や広告にもつながり、広告効果が見込めます。
また、CSR活動(Corporate Social Responsibility=社会的責任)の一貫としてもエコバッグをノベルティとして取り入れる企業も多く、エコバッグの普及率は更に高くなっています。
関連カテゴリ

エコロジー商品

バッグ・ファッション

紙袋・バッグ

紙袋・バッグノベルティについて

このカテゴリーでは、紙袋やエコバッグ・コットンバッグに関する商品を掲載しています。 A4サイズやA3・B5サイズ等、各サイズに合わせた商品をご用意しており、素材も様々選んでいただくことも出来ます。 オリジナルデザインで作成いただける商品も用意しています。 紙袋・エコバッグをお探しの方向けのカテゴリーです。

紙袋・バッグノベルティ関連商品

「紙袋・バッグ」ノベルティ商品をもっと見る

お問い合わせ

お見積もり・ご注文など電話・FAXでも受け付けています

商品に関するご質問や名入れに関するご質問など、ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(平日 9:00〜18:30)

03-5214-6380

FAXでのお問い合わせ

03-5214-6383

伝統工芸品

価格帯から検索

カテゴリから検索