九谷焼

KUTANI YAKI

食器、花器、酒器、茶器、置物

九谷焼

九谷焼は、日本を代表する色絵陶磁器であり、最大の魅力は「上絵付け」です。 「上絵付け」とは本焼きした陶磁器の釉薬の上に、紋様を描き、再度焼く技法のことです。九谷焼の上絵付けは、「赤、黄、緑、紫、紺青」の、五彩手といい、見事な色彩効果と優美な絵模様を表現しています。色彩豊かなのが九谷焼の特徴でもあります。


産地

石川県/小松市、能美市、金沢市、加賀市

江戸時代、加賀藩は学問や文芸を奨励し、城下町を中心とした伝統文化を発展させます。それに伴い加賀友禅、金沢漆器、輪島塗などの芸術性の高い伝統技術が誕生し、現代もその技術が受け継がれています。現在の生産量としては、九谷焼の全生産量の約80%を能美市が占めています。

伝統産業 能美市九谷焼資料館
関連リンク 石川県九谷焼美術館公式webサイト九谷焼に出会う旅山代温泉協会石川県九谷陶磁器商工業協同組合連合会なんでも体験プログラム金沢市公式観光サイト金沢旅物語能美市観光

歴史

石川県/小松市、能美市、金沢市、加賀市

およそ360年の歴史を持つ九谷焼は、明暦元年(1655)に、加賀前田藩の支藩である大聖寺藩の命により、有田で陶技を学んだ後藤才次郎が江沼(えぬま)郡九谷村で開窯したことがきっかけです。しかし、元禄年間の1701年頃開窯後およそ50年で廃窯。なぜ廃窯されたのかは今でも定かではありません。その後100年は日本の陶器と言えば伊万里焼の時代でした。その後、およそ110余年の空白の時を経た文化年間(1804~17)以降、「再興九谷」と呼ばれる諸窯が、加賀の各所に次々と開窯しました。代表的なものとしては、京都の文人画家青木木米(あおきもくべい)を招き、金沢の春日山に窯を築きました。これを機に、加賀藩窯・春日山窯、若杉村の庄屋・林八兵衛の助力によって築窯された若杉窯、また古九谷再興を目標に掲げ、大聖寺の豪商・豊田伝右衛門によって開かれた吉田屋窯など、どれも個性的な九谷様式にのっとった作風を展開し、九谷焼が再興しました。

明治時代に入ってからは、九谷庄三の彩色金襴手が有名になり、ウィーン万博がきっかけで大量の九谷焼が海外へ輸出されました。これによって九谷焼の名が一気に広まることとなりました。 現在では、宮内庁より贈答品として使用され、また英国チャールズ皇太子御成婚祝としても献上され、外国の著名な方々にも広く愛用されるようになりました。 歴史を重ねながらも、時代に合わせ常に進化をしています。


ページ上部へ