コラム

記念品は高い!?とは限らない。

2021.11.08

こんにちは。これいい和の佐々木です。

これいい和では、【ニッポンの記念品ならこれいい和】をコンセプトに企業様向けに記念品のご提案を行っています。周年記念品、上場記念品、催し物の開催記念品、優秀者などの表彰記念品、永年勤続記念品、退職記念品など様々です。数ある商品の中でも長い歴史があり、職人さんの技術、ぬくもりが詰まった伝統工芸品をおすすめしています。

その素材、製法がSDGs

最近では、伝統工芸品は素材やその製法からSDGに貢献するものとしても見直されてきています。
伝統工芸品と聞くと高いというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

何を隠そう私もそのように思っていました。

もちろん高級品に該当するものはたくさんありますが、お手軽に記念品にご利用いただける商品もございます。

本日はそういった商品をご紹介いたします。

・越前和紙メモパッド

越前和紙は福井県の伝統工芸品です。約1500 年の歴史を持ち、高い技術に支えられた品質によって、私たちの生活の様々な場所で利用されています。日本初の紙幣や、国宝・文化財の保存や復元にも越前和紙が使われており、特徴は、紙の丈夫さと美しさです。

越前和紙を使ったメモパッドを取り扱っています。
仕様、数によりますが、100~200円台から製作可能です。

和紙は既成の柄で表紙をオリジナルにすることが多いですが、数量によっては和紙の透かし柄をオリジナルで作製することも可能です。

和紙の枚数も50枚、100枚、300枚などご希望に合わせて変更できますよ。

・美濃焼セラミックコースター

美濃焼は、岐阜県、東美濃(東濃地方)で生産される多種多様なやきものです。 1,300年という長い歴史と伝統に支えられた美濃焼は、食器類の生産が全国シェアの約60%を占めており、日本のやきものの代表といっても過言ではありません。

今回は美濃焼のコースターをご紹介します。

仕様、数によりますが、300円台から製作可能です。
フルカラー印刷をすることが可能です。
水滴も吸収してくれます。

・白河だるま

白河だるまは福島県の伝統工芸品で今から約300年前、時の白河城主、松平定信楽翁公が、城下の繁栄を願って「だるま」の技術を習得させ、旧正月14日を縁日として、大手門前に「だるま市」を張らせたのが始まりと言い伝えられています。鶴亀松竹梅が描かれているのが特徴です。

既成のだるまへの名入れ、オリジナルキャラクターのだるまの製作が可能です。仕様、数によりますが、500円台から製作可能です。

これらは一例ですが、お手軽に記念品として使いやすい工芸品は他にもございます。

記念品をご検討の際は、工芸品がおすすめです。

是非ご検討ください。

では、またお会いしましょう。

私たちが、心を込めて記念品をご提案いたします。concierge service私たちが、心を込めて記念品をご提案いたします。concierge service