コラム

なぜ教育の会社が、伝統工芸品なのか??

2022.01.04

こんにちは、

これいい和の和田です。

今回のテーマは、

モノづくりはものづくり!

伝統工芸を盛り上げる!!

です。

課題が多いのは、ご存じの方も多いのではないでしょうか?
例えば、後継者における課題です。
・若い人がいない
・伝統工芸の世界に興味関心がない

そもそも、原因は一つではないと思います。
経済構造の問題もあるかもしれません。

購買意欲の低下??
失われた30年??

でも、何とかしなければ!
伝統工芸に携わる多くの方は、課題意識を持っていらっしゃいます。

う~ん、
課題解決には何が足りないのか?何をすればよいのか?
私もかつて、映像を撮ったり、自分で発信したり、作ったり・・・
挑戦をしておりましたが、このビッグイシューを前に、ひとり挫折。

そんな中、解決へのヒント、少し解決へ近づくものにたどり着いた気がしたのです!

・デザイン(現代的なデザインのものを作ろう!!)でもなく、
・ブログ(つくり手の話しを聴いて、記事を書こう!)でもなく、
・映像(プロダクトの背景を知ってもらう映像を撮影し、ストーリーを伝えよう!)でもなく、
・越境EC(日本の良さを知る海外の人へ販売しよう!)でもない。

志ある多くの方が、先鋭的なデザインで工芸品を世に出してきた。
海外需要の高まりで、売れることもあった。

でも目を向けるべきは、
根本的な、

そもそもなんで5000億市場は1000億市場へと縮小してしまったのか?

改めて考えてみました。
話しを聞いて、本を読んで、悩んで・・・

「どうしたら、伝統工芸は盛り上がるのだろう??」

そして、行きついたのが、

教育という分野。

もちろん、原因は一つではないでしょう。
ただ、
そもそも、

伝統産業の基盤は、家庭にある。
伝統産業の基盤は、地域の文化に由来する。

一人一人が、

何に触れてきたのか?
何を教わってきたのか?
何を大事にしているのか?

が、伝統産業に大きく影響すると思っています。

私も、デザインやマーケティング、越境ECなどあらゆる可能性を模索しました。
たどり着いた答えは、

“伝統産業、伝統文化、伝統工芸品ほど、やり方で解決できるものではない”

というものだ。

つまり、人にどう買ってもらうかではなく、

気づく人を育てる!!

“良いものって、実は身近にあったよね!”

価値観をはぐくむ

“伝統産業、伝統工芸品って地球に優しいのね!”

SDGs、持続可能な営みを実現する日用品なんだ!
そう見直されるかどうかも、教育に関連すると思っています。

その点、これいい和は、異色な位置づけ。
これいい和を運営するのは、株式会社キャリアコンサルティング。

総合人材プロデュースの会社です。
https://c-consul.co.jp/

こんな言葉をご存じですか?

ものづくりはものづくり
(物づくりは、者づくり)

モノを作るにも、まずは人づくりから。
つくる人の人間力が、モノの質を高める。
同時に、買う人の人間力も大切な時代になってきたのかもしれません。

伝統や文化に心を寄せる若きリーダーも育て、
企業の記念品として、ご採用も頂けるよう、

何年かかるか分かりませんが、
日々、学び、営業し、お話を伺わせて頂きます!

私たちが、心を込めて記念品をご提案いたします。concierge service私たちが、心を込めて記念品をご提案いたします。concierge service