コラム

世界最古の国、日本

2022.04.27

こんにちは。これいい和の飯塚です。

最近、ニュースではウクライナ情勢が連日報道されていますね。
SNSの普及によって世界情勢が身近な問題として感じることが多くなったように感じます。
1日でも早く戦争が終わって、安心して生活できるようになってほしいですね。

さて、今回は世界最古の国の日本についてのお話です。
現在、国際連合に加盟している国の数は193か国あります。
そんな多くの国がある中で日本は現存する世界最古の国なんだそうです。

意外と知らない人もいらっしゃったのではないでしょうか。

日本の歴史について

それでは日本の歴史についてお話していきます。
日本の歴史については諸説あるため日本という国名になった時と、初代神武天皇が即位した年を基準に話を進めていきます。
日本という国名になったのは、689年から701年と言われています。
そのため、約1,300年の歴史があることになります。
初代神武天皇が紀元前660年2月11日に即位した日を日本の始まりとするとなんと、2,680年以上の歴史があることになります。

世界の国々との比較

ここまでで日本がとても長い歴史を持っていることは分かったと思います。
では、世界の国々の歴史は、どのくらい長いのでしょうか?
世界の国々の歴史ランキングをお伝え致します。

日本    約1,300年

デンマーク 約1,000年

アメリカ  約235年

フランス  約230年

イタリア  約76年

中国    約70年

比べてみることで、日本がいかに長い歴史があるか分かりますよね。

ちなみにデンマークは日本に次いで2番目に歴史のある国だと言われています。

世界最古の国の日本と伝統的工芸品について

世界最古の国、日本にある伝統的工芸品は、100年以上の歴史があることという条件があります。
そんな条件をクリアした商品の数はなんと236品もあるそうです。(まさにキングオブ日本製ですね!)
これは、1,300年という世界一長い歴史がある日本だからこそこれだけの数の商品が100年以上の歴史を持つことが出来たと言えるのではないでしょうか。
そして、歴史があるということはそれだけ「ストーリー」があるということだと思います。
有難いことに多くの企業様から周年記念の記念品として伝統工芸品をお選びいただく機会が増えてきました。
それは、会社の歴史に多くのストーリーがあるように長い歴史のある伝統工芸品の中に共感できるストーリーがあるからなのだと思います。

これいい和では、周年記念を二人三脚でより良いものにしていただくためにも相談いただいた企業様の歴史を深く知り、それに合った最適なご提案ができるように日々精進してまいります。

是非、周年記念の際には伝統的工芸品をご検討されてみてはいかがでしょうか。

貴社のストーリーと合う記念品のストーリーと出会えるかもしれませんよ。

私たちが、心を込めて記念品をご提案いたします。concierge service私たちが、心を込めて記念品をご提案いたします。concierge service