コラム

SDGs×伝統工芸品

2021.03.31

「最近よく耳にするSDGsってなんだろう?」

2年前社会人になってからそう思うことが増えてきました。なんとなく世界的に環境問題にしっかり向き合っていこうということなのは知っていました。でも、いろいろな項目があって、

持続可能な開発目標って正直読んだだけでは分かりづらすぎる!!“

ということで、コラムを書くというこの機会に改めて勉強してみようかなと思います。

そもそもSDGsとは・・・

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.htmlから引用

外務省のホームページによると上記のようなものらしいです。

やはり読んでみても難しい・・・。

実現のため目標としては17のゴールと・169のターゲットがあります。

「かなり多い目標があるんだなー」というのが正直な印象です。 169のターゲットは細かすぎるので、

17のゴールに関して調べていこうと思います。

17のゴールとは・・・なんだ???

目標1 [貧困] あらゆる場所あらゆる形態の 貧困を終わらせる

目標2 [飢餓] 飢餓を終わらせ、食料安全保障 及び栄養の改善を実現し、 持続可能な農業を促進する

目標3 [保健] あらゆる年齢のすべての人々の 健康的な生活を確保し、福祉を促進する

目標4 [教育] すべての人に包摂的かつ公正な質の高い 教育を確保し、生涯学習の機会を促進する

目標5 [ジェンダー] ジェンダー平等を達成し、 すべての女性及び女児の エンパワーメントを行う

目標6 [水・衛生] すべての人々の水と衛生の利用可能性と 持続可能な管理を確保する

目標7 [エネルギー] すべての人々の、安価かつ信頼できる 持続可能な近代的なエネルギーへの アクセスを確保する

目標8 [経済成長と雇用] 包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての 人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある 人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する

目標9 [インフラ、産業化、 イノベーション] 強靭(レジリエント)なインフラ構築、 包摂的かつ持続可能な産業化の促進 及びイノベーションの推進を図る

目標10 [不平等] 国内及び各国家間の不平等を是正する

目標11 [持続可能な都市] 包摂的で安全かつ強靭(レジリエント)で 持続可能な都市及び人間居住を実現する

目標12 [持続可能な消費と生産] 持続可能な消費生産形態を確保する

目標13 [気候変動] 気候変動及びその影響を軽減するための 緊急対策を講じる

目標14 [海洋資源] 持続可能な開発のために、海洋・海洋資源を 保全し、持続可能な形で利用する

目標15 [陸上資源] 陸域生態系の保護、回復、持続可能な利 用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠 化への対処ならびに土地の劣化の阻止・ 回復及び生物多様性の損失を阻止する

目標16 [平和] 持続可能な開発のための平和で包摂的な社会 を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提 供し、あらゆるレベルにおいて効果的で包摂的な制度を構築する

目標17 [実施手段] 持続可能な開発のための実施手段を 強化し、グローバル・パートナーシップを 活性化する

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.htmlから引用

以上17個様々な観点から今後の世界的に見た状況の変化のための行動目標が決められています。

エコというイメージを描いている方が多いかと思いますが、じつは他にも上記のように教育という項目もあったり、不平等という項目もあったりとかなり幅広い目標が定められています。

私も最初はエコという観点にだけ向きがちでしたが、本当に幅広い目標があるのだなと感じました!世界が1つの方向に向かって進んでいくということはとても良いことだなと思います。

最近ではコンビニでのビニール袋の有料化によって、エコバッグを持つ方も増えてきていますし、スプーンの有料化、脱炭素なども進めるということで、段々と社会の当たり前も形を変えていきそうな感じがしますね!

スプーン, 木製スプーン, カトラリー, 調理する, キッチン, 食べる, ダイン, 心, 愛, バラ, 花

こういったSDGsの観点は日本から見てもとてもよいことだと個人的には感じています。理由としては日本の文化がより注目される機会になりうると思うからです。

日本という国は他国に比べても本当に多くの文化、歴史があります。こういった文化は現代ではなかなか目立っていません。世界的に見れば素晴らしいことでも、日本国民が知らないということも結構あるなと感じます。

伝統工芸品も日本が誇る文化の一つです。伝統工芸品という言葉自体は聞いたことはあっても買ったことがない、そもそも使ったこともないという人も多いかと思います。

伝統工芸品という名前からして正直とっつきにくいですしね。

しかし意外と自分の使っているものをしっかり見まわしてみると伝統工芸品というものは身近に転がっていたりします。私も実家でつかっていた食器を気に留めていなかったときは気づきませんでしたが、伝統工芸品に触れるようになってから多少意識し始め、日常を過ごしていると昔から使っていたあの茶碗、

「伝統工芸品の有田焼だったんだー」とかいうことは多々ありました。

そこから興味を持って工芸品の食器を買ってみようかなとか、意識的にそういった食器や小物、雑貨などを見る機会が増えてきました。

手作り, 工芸品, 色, 背景, パターン, スレッド, 縫う, テクスチャ, マルチ色, フォーム, セット

ただそういった興味を持つ人々が減ってきているのが現状です。

事実、伝統工芸品の職人さんは減ってきていますし、職人さんの売り上げもかなり減っています。

工芸品ではなくても安くて使いやすい商品はたくさんあります。大量生産でより安価に作製することが出来る時代になってきたということですね。

それはそれでとてもよいことだとは思います。私も実際お世話になっていますし。

しかしSDGsという世界的な流れを考えると大量生産、大量消費の時代ではなく、良いものを少なく作製する。もしくは大量に作製するものであっても製品の素材に配慮する工夫がより求められる時代に来ているということを感じます。

「あれ、この流れ日本の文化を宣伝するのにとても良い流れなんじゃないか?」一年前くらいからそのように考えるようになってきました。この考えが良いか悪いかは分かりませんが、世界的にこうしようと言っているものが日本を良い方向に進めてくれる可能性があると知ったら、とてもSDGsというものに興味が湧いてきました。

伝統工芸品に興味を持つ人が減ってきていると少し前に書きましたが、原因はそもそも情報が入ってこないからだと思います。私自身も知らない時と知った後ではかなり伝統工芸品に関しての印象は変わりました。

だからこそ打ち出し方が大事だと思うんです!!

「伝統工芸品です。良い商品です。」といったところで興味を持つ方は少ないかもしれません。特に若い世代はそういった傾向が強いでしょう。

でも、私がそうであったようにちゃんと見てくれる機会や少しでも興味惹かれる要素があったら見られ方は変わるはずです。

その一つの要素として、SDGsには可能性があります。

伝統工芸品がどの項目に当てはまるのかは今回のコラムでは書きませんが、SDGs意識していこう!という企業様や個人の方が増えてきているのは事実です。【SDGsの商品探していますという入り口から良い商品を見つけ、結果的にその商品が伝統工芸品だった】こういった流れが出来たらいいなと個人的に思います。伝統工芸品は良い商品。そもそもこの認識自体ない人が増えている現状な気がします。だったら違う入り口からお客様を誘導する。興味を持たせる。そういったことが出来れば伝統工芸品、地域、日本を盛り上げる可能性があるなと思います。

世界に日本の職人さんの凄さを改めて知ってもらうそんな機会をつくる可能性があるのがSDGs×伝統工芸品だと思います。
https://japan-novelty.jp/

SDGs×伝統工芸品の詳しい相関は次回書く機会があったときに書こうと思います。

その際はまた読んでいただけたら幸いです。

私たちが、心を込めて記念品をご提案いたします。concierge service私たちが、心を込めて記念品をご提案いたします。concierge service