コラム

記念品ブランディングのススメ

2021.06.20

これいい和の和田です。

これいい和では、法人様向けBtoBのこれいい和と共に、個人様向けBtoCのこれいい和セレクトがございます。
特にこれいい和セレクトでは、これまで多くの方の『記念品』『贈り物』『ギフト』選びをお手伝いさせて頂きました。
選び方はまさに千差万別。

ショールームにお越しいただき、「これ!!」 即断即決のお客様。
数点の商品をご案内し、「友人と相談して決めます!」 と持ち帰りのお客様。
日本製の商品に目移りがしてしまい「私では決められない!!!」とお困りのお客様。


お困りのお客様には、「その気持ちわかります!!、全部いいですよね!!」
心から共感し、あっという間に時間が経ってしまうことも、しばしば・・・。
そんな風に、ご一緒に記念品を選ぶ時間を共に過ごして思うことは、

「記念品(贈り物、ギフト)を選ぶ時間は、とても素晴らしいもので、この時間も含めて贈る相手を敬い祝している」

ということです。

お客様は同じ言葉をつぶやきながら選ばれます。
「あの人は、何が好きなのだろう?、どんな生活をしている?、最近、こんなことがあったな?」

贈られる方は、幸せ者だな~。そんなことを思いながらお手伝いさせて頂きます。

だからこそ、私も含めてですが、
記念品を受け取るときは、【目の前にある“モノ”の価値、以上にたくさんの想いや時間という価値が含まれている】ことを忘れてはいけない、と思っています。

さて、


記念品選びは、それだけ価値があるものということに触れて参りましたが、
個人ではなく、企業様であれば、更に考えることは多くなるのは、必然です。

まさに、企業にとってみれば、記念品を通しての、ブランディング”の機会となる訳です。

これいい和では、その記念品を日本製・伝統工芸品など、つくりの良いものを中心にご案内しております。
なぜなら、ブランディングの機会であることを、理解しているからです。

ブランディングの考え方や理論などは、世の中にたくさんあります。
今回は、記念品、つまり“モノ”にフォーカスしてみたいと思います。

皆様にこんなご質問を。

「お部屋の断捨離しているのに、捨てられないもの、ありませんか?」
その捨てられないものって、
「これは○○さんにもらった」とか「○○の記念の時だ」とか、思い出が溢れてきませんか?

不思議ですよね、断捨離しているのに、全く断捨離が進まず、モノも減らず、どんどん思い出に耽っていく。
断捨離あるある、ですよね。

私が何を言いたいかというと、
モノには、

「記憶装置」
という機能があるのです。

———— エピソード ————

日本には、自然災害が多くあります。大切な方を亡くされたり、大切な住居を失うこともあります。
大変心が苦しいことでありますが、私の実家も阪神淡路大震災で被災しました。
幸い倒壊はしなかったのですが、そこでこんな光景を目にしました。

「瓦礫の中から、食器を探し、大事そうに持ち帰る」

モノには、力があります。

その方々は、以前の生活の記憶を持ち帰り、新たな生活の支えとするために、食器を持ち帰りました。
モノには、何かと何かを繋ぐ力があります。


「過去と未来を繋ぐ、記憶装置」

モノには、このような力が備わっています。
個人的には、是非とも日常を支える食器を愛してほしいな、と思いますが。

————————————————————

話を戻しましょう。

“記念品でブランディング”

ブランディングを、形なき積み重なった信頼のように考えると、まるで先ほどの記憶と似ているなぁと思います。

つまり、
【たかが記念品選び】、かもしれませんが、
【されど記念品選び】、でもあります。

日本の企業の多くが、節目を大切にし、お世話になった方(従業員、お取引先など)に記念品を贈ることは、
諸先輩方が積み重ねてきたものを、敬い祝し、過去と未来を繋ぎ、更に前進する為のものなのだ

と、私は思います。

だからこそ、御社にとって大切な、記念品選びのお手伝いをさせて頂ければ幸いです。

「貴社にとってどのような記念品が良いのだろう?」
「社長様はどのような思いで取り組まれているのだろう?」
「創業者の方は、どんな問題意識で会社を立ち上げられたのだろう?」
「従業員の皆様は、どんな方々なのだろう?」
「応援者の皆様は、何を望まれているのだろう?」

記念品で、皆様が笑顔になれたら、それは素晴らしいことです。
ご一緒に考えられたらと思います。

そうはいうものの、
記念品選びは、考えることがたくさんあります。

・ご予算
・数量
・贈る先
・コンセプト
・ストーリー
・パッケージ

……………そして、ブランディング

是非、お話を伺えればと思います。
ご担当者さまと、
「あれでもない、これでもない」と、
たくさんのご意見を交わすこと
が、
記念品の価値を高くして、

記念品ブランディングの一歩を踏み出すことになると、信じております。

御社の更なる発展を祈念して、コラム記事を結ばせて頂きます。

是非、次回の更新を楽しみにお待ちいただければ幸いです。



私たちが、心を込めて記念品をご提案いたします。concierge service私たちが、心を込めて記念品をご提案いたします。concierge service