コラム

担当者が語る 80周年記念 -逆転&発想のストーリー-

2021.06.19

本日もこれいい和ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
これいい和の吉川です。

今回は企業様の周年記念品として伝統工芸品を採用いただいた事例を、いくつか振り返ってみたいと思います。

まず一つ目の事例は、ある業界で世界一のメーカー様の80周年記念品です。

この企業様は10年毎に周年記念をされていて、今回は80周年の節目でした。
70周年の時からさらに社業を発展させ、ついに世界一に上り詰めた節目でもあり、とても大切な周年記念となっていました。

ご担当者様とは、5年くらい前に、周年記念とはまったく関係ないお仕事で商談をさせていただいておりました。ただその時、弊社で教えているマジックを披露して、物凄く印象が強く残っていたおかげで、ご連絡いただくことが出来ました。

初回のヒアリング、先方の周年記念委員会との打合せ、プレゼンテーションを繰り返すこと数回、委員会メンバーの方々も、年齢・性別・職種が様々で、多くのご意見や、過去の事例も聞かせていただきました。

そして最終的に採用いただいたのが「京扇子」になります。

実は提案の初期段階で「扇子は70周年の時も検討したが、社長があまり気に入ってくれなかったので、出しても無駄ですよ。」と断られていました。

しかし、伝統工芸品を数年学んできた私としては、大本命が「京扇子」だったのです。

なぜなら、80周年なので「末広がりの八」が付く記念だったからです。

扇子は末広がりの縁起物の王道です。

扇子の形状が漢数字の「八」に似ていることもありますし、京扇子はその製造工程が87工程あると言われています。そして、最後に使ってもらって88工程目になるのです!「八」がダブルで、物凄く末広がりの縁起が込められています。(諸説ありますが)

そして、業界世界一に輝いたからこそ、末永くクライアント様とのご縁を今後も広げ続けていく意思の象徴として、扇子を採用してほしかったのです。

この思いを、委員会の取りまとめをされている担当者様にお伝えして、何とか社長さんへのプレゼンテーションに「京扇子」もねじ込んでもらいました。

そしたらなんと、80周年の八と末広がりのストーリーが社長さんにHITしたようで、京扇子をご採用いただけました!!

この報告をご担当者様から頂いたときは、本当に嬉しかったです。

伝統工芸品の持つ縁起の良い意味合いは、周年記念品にぴったりだと改めて実感しました。

そして、その後の柄選びでも、これまた縁起の良い「トンボ柄」をご採用いただきました。

トンボは、害虫を取り除く貴重な益虫として五穀豊穣の象徴とされてきていました。さらに、前にしか進めず後退しないことから、「勝ち虫(かちむし)」と呼ばれ、武士から縁起の良い虫としてもてはやされ、武具や装束など、様々な装飾品に描かれてきた歴史があります。

このストーリーがやはり決め手となりました。

伝統工芸品・伝統和柄のもつ縁起の良いストーリーが詰まった記念品となり、周年記念実行委員会の皆様にもご納得いただける、良いお仕事になりました。

続いては、全国10拠点以上をもつ、とある企業様での事例です。

採用されたのは、大阪浪華錫器のタンブラーです。

大阪浪華錫器のタンブラーは、注いだ飲み物の味が、驚くほどマイルドになります。
人によっては、ペットボトルのお水も、味がまろやかになるのが分かるほど変わるそうです。

ビールを注ぐと、これもまた驚きの現象が!!

なんと泡のきめ細やかさが段違い!クリーミーなモフモフ泡が、タンブラーにビールを注ぐだけで出来上がります!
タンブラーに割りばしを差しこむと、泡の弾力で、割りばしが立つ!!

「んなこたーないでしょ(笑)」と思ったあなた!

これいい和セレクトでご購入いただき、試してみてください!

もちろん、お客様オフィスでの商談にて、この感動を伝えようと言葉を尽くしましたが、「本当に割りばし立つの?(疑惑の視線)」という結末・・・

私はこの感動を伝えたくて、上司から授かった伝家の宝刀を抜きました。

「弊社のショールームに来てください!そこで体験していただけます!」

数日後、企画担当者・総務部長さんがご来店してくださり、三人で検証実験!

席に座るなり早速実験スタート!

とくとくとく・・・シュワ~~・・・(キンキンに冷えたビールを注ぐ)

ドキドキ・・・パキッ・・・スッ・・・(割りばしを差し込む)

「ほっ・・・本当に立った!  味はどうなる・・・うっ・・・美味い!!」

三人で、ビールだけでなく、お水、お安めのお酒等など、色々試した結果、味がまろやかになる変化もご納得いただけました。 (あまりに飲みやすく変化したため、昼から三人で安酒1本あけてしまいました)

※飲み会ではないですよ。立派な確認作業という仕事です!!

タンブラーが入っていた桐箱は、湿気を取り除き、でも呼吸もしてくれる生きている箱です。
小物入れにしても良いのですが、ティーパックの保管につかうのも普段使いとしていいですね。

記念品の箱まで、普段使いに溶け込める。なんてエコなんでしょう!

そして、今回の工夫の目玉は、梱包時の緩衝材です。

お客様のちょっとした一言がヒントになりました。

「せっかくの記念品だから、捨てられないものがいいな・・・ゴミが出るのもエコじゃないからな」

そんな思いで、今回の記念品を打合せて、実物サンプルをみて品定めしていたら

この緩衝材もゴミになってしまうからもったいないな。

「何かゴミにならなくて、後日も使ってもらえる記念品かつ緩衝材ってないの?」

と究極のむちゃぶりです!

一度お持ち帰りさせていただき、考え抜くこと数日・・・

辿り着いたのは、日本古来の包み物「風呂敷」でした。

でも、ただ風呂敷で包むだけでは面白くないという事で、もう一工夫アイデアを絞り・・・

こうなりました!

伝統工芸品の大阪浪華錫器を伝統工芸品の風呂敷で包むなら・・・

着物を着ているように包んでみました!

桐箱を開けた時に、この凛としたただ住まい。
企業様の周年記念品として、格式を高める演出となりました。

ご担当者様もご満悦で、この包み方に「○○包み」とご自分の名前を付けてみようかという話が持ち上がるほどの感動でした。

この様に、今回は伝統工芸品の良さをふんだんに詰め込み、さらには、日本の民族衣装である着物という文化、近代のエコ意識などなど、沢山のストーリーと配り手の思いが詰まった、素敵な周年記念品を作り上げることが出来ました。

私にとっても思い出深い体験となりました。

今回は2つの事例を紹介させていただきましたが、どちらも日本独自の伝統工芸品が持つ品質・縁起の良さ・歴史的ストーリーが詰まっており、プレゼントする際に、「なんでこれにしたのか?」の想いをふんだんに詰め込むことが出来ます。

個人のお祝い事にしても、企業様の周年記念にしても、この日本の歴史の中で続いてきた伝統工芸品は、近代の工業製品に負けることの無い付加価値を発揮してくれます。

現代に生きる我々にご先祖様が残してくれたプレゼント

まさに「100年前からのプレゼント」ですね。

もし周年記念の担当に任命された方がいらっしゃって、周年記念品を考える際には、

「伝統工芸品の記念品」という視点も追加していただけたら嬉しいです。

今、伝統工芸品をご採用いただくことが、目の前のお客様へのプレゼントであるのと同時に、

さらに100年後の日本人への歴史のプレゼントにもつながっていきます。

壮大なSDGsですね(笑)

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

私たちが、心を込めて記念品をご提案いたします。concierge service私たちが、心を込めて記念品をご提案いたします。concierge service