コラム

お客様のこだわりに応える

2021.08.18


業界:IT業界
検討時期:3か月前
贈り対象:20周年記念セミナー
数量:120セット
記念品:スコップ型スプーン&フォークセット
目的:セミナー来場者にお土産の中の一つとして


特別な20周年セミナー

セミナーの名称も20周年に相応しく、「超-ウルトラ-FAIR」という特別な20周年セミナーです。
いつもの商品展示、新サービスの紹介だけでなく、今後の新体制を発表したり、いつもとは違ったお楽しみコーナーとして、マジシャンをお呼びしたり、各来場者に対面でアトラクションを楽しんで過ごして頂いたりして、気持ちよくお帰り頂くというものです。

こちらの企業様では、ご来場者様に和菓子をおもてなしとして、接客中にお出しします。
その和菓子にもこだわりがあり、事前に複数取り寄せて、企画している社員の方々で味見をして、良いと思った和菓子を当日に提供しています。他にもお土産として日本酒に関しても、企業様がつながりのある石川県の日本酒製造メーカーの方から取り寄せていて、ラベルに関しては、職人さんが1枚1枚ラベルとなる和紙に直筆で書き、瓶1本1本に貼って、梱包出荷したものを当日のセミナーでお帰りの際にお渡ししています。

このような、特別な20周年セミナーの中で担当者の方からは、

「いつものようなノベルティと違い、記念になるようなものが良い」

というリクエストを頂きました。ここまで10年くらい担当させて頂き、今回も一から提案させて頂きました。
少しプレッシャーはありましたが、普段は、海外製のノベルティを採用することが多かったので、今回は、日本の燕三条市で作っているスコップ型のスプーンとフォークのセットにレーザー加工で名入れをするのが高級感も出て相応しいのでは、提案させて頂きました。

当日、20周年セミナーに来場させて頂きましたが、スタッフの皆様もとても笑顔でおもてなしされていて、会場を後にする際は、いつも関わらせて頂いている皆様にお見送り頂きました。来場した当日の夜にご担当者様からお礼のメールも頂きました。

記念品のイメージは、高価格帯なのもののイメージもありますが、比較的手の届きやすい予価格帯の商品もございます。日本の産業を盛り上げる!という視点で工芸品も含め、日本製の商品を記念品として採用するの良いのではないでしょうか?

私たちが、心を込めて記念品をご提案いたします。concierge service私たちが、心を込めて記念品をご提案いたします。concierge service