コラム

武州正藍染ってどんな織物?

2021.04.01

こんにちは、これいい和の岡山です。

これいい和ではお馴染みの武州正藍染ですが、武州正藍染とはどのような織物なのでしょうか。

武州正藍染とは、埼玉県羽生市・加須市・行田市で生産された埼玉県武州地域に由来する正藍染を施した織物のことを言います。ハンカチ・手ぬぐい・座布団カバー・織物製ランチョンマット・のれん・テーブルクロス・テーブルセンター・ジャケット・ジーンズパンツ・ティーシャツ・ワイシャツ類・足袋・バンダナ・はかま・作務衣・羽織・半纏・股引き・腹掛け・剣道衣という商品が非常に有名です。

歴史としては、羽生市付近に藍染の技術が伝えられたのは、江戸時代の天明年間(1781年〜1789年)といわれています。藍の濃淡だけで素朴な美しさが表現される武州正藍染は、民芸調などの柄が出せる武州型染。藍の色合いのなかに明るい色が印象的な新しく工夫された武州唐桟があります。洗えば洗うほど色が冴え、美しい風合いになっていく特徴があります。武州正藍染は、埼玉県伝統的手工芸品であり、2008(平成20)年9月19日、特許庁の地域団体商標に登録されました。

そして武州正藍染を語る上で外せないのは、日本の資本主義の父を言われた渋沢栄一の存在です。

渋沢栄一

渋沢栄一といえば、2024年に新一万円札の表の図柄になることで、再注目を集めており、2021年2月からスタートし、人気俳優吉沢亮さんが主演のNHK大河ドラマ「青天を衝け」は渋沢栄一が描かれています。

その大河ドラマ「青天を衝け」でも描かれていますが、渋沢栄一の実家(中の家)の主業であった深谷名産の藍玉(染料原料)の売買を手伝い、少年時代から大人顔負けの商才を発揮し、多大な利益を上げることに貢献するとともに、「論語と算盤」を唱え、日本資本主義の父として明治維新後の日本を牽引していきました。

渋沢栄一は、阿波の藍に負けない良い藍を作ろうと考え、良い藍を栽培した農家を相撲の番付を利用し、順番に大関、関脇、小結・・・とあて、「武州自慢鑑藍玉力競」の番付表を作り、競争力を高めていきました。

ちなみにこの番付表は、渋沢栄一記念館に、表示されています。

「藍田は家を興す」と言われてた藍は、経済人渋沢栄一のルーツとなったといわれています。

また、藍染にかかせない養蚕の始まりは西暦450年とされており、日本書紀に「雄略天皇が皇后に蚕を飼うようにすすめた」と記述されているようです。現在、歴代の皇后陛下が引き継ぐ形になっているのは、明治4年昭憲皇太后が吹上御苑内で復興されたのが最初とされ、復活に際し、渋沢栄一に相談されたというお話もあります。

渋沢栄一

そんな武州正藍染ですが、そもそも藍染とは、いつ頃から存在しているのでしょうか。

藍は人類最古の染料

人類は有史以前から藍を使って染色をしてきたといわれています。世界には多くの藍の種類があり、日本でも幾種の藍植物が染色に用いられてきたといわれています。

その中でも、「日本の藍(Japan Blue)」として、その美しさや効用が世界に知られたのがタデ科の「蓼藍」とされています。

武士の色から日本の色への変化

鎌倉時代には、武士が一番濃い藍染を「かちいろ(勝色)」と呼び、勝ち戦の縁起担ぎに多用していたようです。それにより藍染は、武士の色として広まっていきました。

そして室町時代には、庶民に至るまで日本人の衣類や生活財に使われる最もポピュラーな色になったようです。

ラフカデオ・カーン(小林八雲)が日本を「藍の国」と表現し、化学教師として日本にきたイギリス人教師のアトキンソンが、日本の藍を「ジャパンブルー」と称したのは、世間的にも有名な話となっております。

それから、藍染は「ジャパンブルー」とも呼ばれるようになりました。

そして江戸幕府を開いた徳川家康も藍染の辻が花染めの小袖を愛用していたとも言われています。

武将から庶民まで、様々な方に愛された藍染は、日本ではポピュラーな染料となりました。

また、熊谷市にある「藍染明王(あいぜんみょうおう)」は、「藍染さま」と地元で呼ばれ、その仏閣は昔から親しまれてきました。

江戸時代から明治の末までは、1月26日に藍染明王を参拝する儀式があり、それらは、江戸の染物屋や藍問屋、藍の栽培農家、藍染を織る人たちによって行われていました。そのくらい武州は深く藍染文化が根付いたお国柄だったようです。

藍染はもともと野良着とされていた

藍染はもともと農作業をする際の野良着(のらぎ)として着られていました。自然原料の藍は日よけにもよく、虫よけにもよく、さらに防臭効果もあったため、武士の鎧下の服や防具にも使われるようになり、その後は、剣道着や足袋、袴にも藍染が使われるようになっていきました。

武州地方の井戸水は、他の地域よりも鉄分を多く含んでいたため、媒染作用で紫かかった濃い藍染に染まったため、勝色(かちいろ)と呼ばれる深く濃い色味が武州正藍染の特徴とされています。

こだわり

これいい和で扱っている武州正藍染は、綛染(かせぞ)めです。綛染めは、色や効能が長持ちし、綿糸をふっくらした風合いに仕上げで、やわらかく温かみのある織物になります。

綛染めの手法は、染めては手でほぐすの繰り返しを行います。手作業ならではのムラ感と、藍染めが空気に触れると藍色になる特徴との両方が必要になります。

その結果、綛染紺織特有の『青縞』(自然に生まれる縞文様)が生み出されます。

また、織機はシャトル織機を使用していますが、シャトル織機の織スピードは速くありません。しかし糸に余計なテンションをかけることなく織ることができるため、織り上がりはふっくらとしていて、新井をかければ程よく目が詰まるものの、風合いが消えることはありません。

やわらかいものから、高密度でしっかりした織物まで、その用途は幅広く、シャツや作務衣、剣道の袴に使われる高級織物まで織ることができます。

サッカー日本代表のユニフォームも藍染をイメージ!?

サッカー日本代表のユニフォームは青色ですが、なぜ青色なのか気になった方も多いのではないでしょうか。

日本の国旗は、白字に赤の日の丸ですので、赤がメインでもよいのではないか。

しかし、サッカー日本代表のユニフォームは、1936年のベルリンオリンピック以降、ごく一部の国際大会を除いて、青が基調のユニフォームが使用されています。

その理由は、上記にも述べたように、1874年に日本へ来た英国人化学者のロバート・ウィリアム・アトキンソンが日本でよく見た藍染の暖簾や着物の美しさに魅せられ、「ジャパンブルー」と呼んだことから、「日本=青」の起源だといわれています。

また、日本の伝統色である「褐色(かちいろ)」(厳密にはより深く濃い藍色)が勝色という勝負に勝つという意味で使用されたという説があります。

上記のように、日本人にとって、藍染とは生活の一部であり、日本人としてもアイデンティティを象徴する織物であるのではないかと思います。

そのため、藍染を見ると「いい色だ!」「心が落ち着く」というような感想を持たれる方も多くいらっしゃいます。

そんな日本人になじみの深い武州正藍染の商品を、記念品にされてみてはいかがでしょうか。

これいい和では、周年記念品をはじめ、記念品として武州正藍染をご紹介させていただいております。

是非、藍染の記念品をお探しの方は、これいい和までお問合せください。

これいい和

私たちが、心を込めて記念品をご提案いたします。concierge service私たちが、心を込めて記念品をご提案いたします。concierge service