コラム

洒落のきいた記念品も。~周年記念品製作事例~

2021.07.22

こんにちは!これいい和担当イチ、お祝い大好き、イベント大好き人間の金子です。

そんな自分も実は先日、とうとう自身の婚礼のお祝いを挙げさせていただきました!

まさに金子家0周年!というヤツですかね。。。(笑)

※実は入籍は2年前に済ましており、流行りのコロナで式典延期、私自身が身をもって体験させていただきました(笑)もうすぐ2周年、綿婚式(詳しくは下記URL)ですね。

結婚生活ベテランの諸先輩の方々、新参者の若輩ですが、引き続きご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

さてさて、堅苦しいご挨拶と自分の周年記念プロデュースの事はさておき。

今回は印象深かったお客様の周年記念品プロデュースのお話を一つさせていただきたいと思います。
さかのぼること約半年、コロナ禍の中で、2021年3月に創立70周年を迎えた企業様。

それが今回ご紹介する

ハヤシ海運様です。

島国で海洋大国日本の、海運関連事業を支え続けて70年。私たちが何の不自由もなく電気やガスを生活で使用できるのも、海外からくる物流を海の玄関で滞りなく支えてくださっている海運業があるからこそです。緊急事態宣言が出ていようが何だろうが、24時間365日そんなこととは関係なく昼夜海と陸とをつなぐお仕事をしていただいていること、本当に頭が下がります。

そんなハヤシ海運様、周年記念を迎えるおよそ1年ほど前から、各支店よりプロジェクトメンバーを選出し周年記念の事業計画を開始しました。ただ計画を立て、大枠が決まった頃から本格的にコロナの足音が聞こえてきて、間もなく世間がコロナ禍へ突入!

今までの計画を見直しては立て直し、常識観がなかなか通用しない、判断基準も前例もない中で、記念の式典、周年記念誌の作成、社員公募で会社のキャラクター企画、創業の地、和歌山の伝統工芸品で記念品、各種70周年ロゴをあしらったステーショナリー、販促品含め様々作成を進めていきました。ハヤシ海運様は東西に支店を構えており、メンバーも中々集まれず、慣れないZoomで会議を何度も重ねたその中で、最後にきたのが今回のこれいい和へのお問合せでした。

大々的にお客様をお招きしての式典は難しい。でもせっかく今までお付き合いしてくださったお客様に、感謝の気持ちを伝えたい!そしてステイホームで不自由なことも多い中、対面できないお客様に少しでも明るくなっていただきたいというところから、ちょっとばかり洒落の効いた今回の記念品のご要望をいただくことになりました。

それがオリジナルレトルト食品、その名も「ハヤシ海運のハヤシライス!笑」

会社の名前を冠したレトルト食品!
これならおうち時間でも会社の事を思い出してもらえるというところから、製作依頼がスタートしました。

ご担当者様から、最初はレトルト食品でオリジナルのパッケージを作成したいんだけど。。。
と、ご相談をいただきました。私が社名を伺ったところで、もしかして中身はハヤシライスをご希望ですか?と聞いたらご明答(笑)。

ここで余談です。
ハヤシライスはハヤシさんが作ったもの!?

【早矢仕有的説】

丸善創業者の早矢仕有的(はやし ゆうてき)が作った牛肉と野菜のごった煮に由来するとする説。『丸善百年史』に掲載されている説である。ちなみに発祥に関しては諸説あり、定かではない。丸善以外にも複数の店がハヤシライスの元祖を名乗っている。 ※Wikipedia参照

私たちこれいい和が何度か出店させていただいている丸善創業者の早矢仕さんがルーツだという説があるのです。実はこんなご縁もあったんですかね~。

https://c-consul.co.jp/news/?id=20210719150000 ※令和3年7月21日~ 丸善出店情報 

ここから「ハヤシ海運のハヤシライス」の製作が始まっていきました。

やはり洒落が効いているだけでは記念品にふさわしくない!どうせなら美味しいものを届けたい!ということで、試食も実際に行ってもらい、数種の中から社員でアンケートを取った後に、まずは中身の仕様が決定しました。

そして一番の難題は、オリジナルのパッケージ!

■会社らしさを出しつつも、手に取ったお客様に喜んでもらえるパッケージにしたい。
■そして社員公募で決まった会社のイメージキャラクター「ワッチくん」。
■せっかくできたキャラクターも全面にPRしていきたい!
■また、頑張っているグループ企業全体をパッケージに載せることで、社員にも記念に残る形にしたい!

とご要望が満載でした。

せっかくの70周年なのだから、できる限りのご要望にはお答えしたいです!!!と意気込んだのはいいものの、この「海運業の現場の写真」と「イメージキャラクター、ワッチくん」というテーマの融合。。。
結構バランスとるのが難しいぞ!?

こういう時こそ、これいい和の本領発揮!
実はこれいい和には敏腕デザイナーF先生がいるんです。

F先生の実績
・オリジナルの名入れノベルティ
・ロゴ製作
・プロバスケチームのファンクラブ向けグッズ製作
・チアリーダーの写真集の企画編集作業

。。。まで何でもこなしてしまう達人なんです!

困った私がF先生に相談してみると、、、何と翌日には4案もデザイン素案を作成していただいてしまいました!
カッチリ目のものから海のイメージのもの、またちょっとした遊び心を入れたパッケージまで幅広く様々な4種類。

早速素案をご担当者様に送ってみると、「素晴らしい!どれも良い!」とお褒めのお言葉をいただけました。そして2、3度細かい修正を加えた結果、選ばれたのがこちら!!!

ちゃんとパッケージ裏面には「ワッチくん」の紹介も!

※ワッチとは航海用語で見張り・監視・当直のことだそうです。

F先生の遊び心デザインが社長の一押しのお気に入りとなった、と、ご担当者様から後でお聞きし、さすが我らがF先生!と一人感心してしまいました。

こうして無事にパッケージデザインも決まり、記念日の1週間前に納品も無事終わり、今回の記念品プロデュースが完了しました。

後日、ご担当者様からお客様の評判も良く、会社のFacebookにも掲載しましたよ!
と、ご連絡をいただけて、今回担当させていただいて私も嬉しい気持ちになりました。

少し長くなってしまいましたが、今回のように、
これいい和では伝統の工芸品を用いた記念品ももちろんですが、

ちょっと洒落の効いた面白い記念品製作やデザイン案件も承っております。

HPでもいくつかご紹介もさせていただいておりますが、記念品や表彰の品、記念式典、周年記念のロゴデザインや社史作成等々、何かお困りのご担当者様のご依頼にはコンシェルジュがしっかりとサポートさせていただいております。

ぜひ、これからご計画の企業様も、計画中のご担当者様も、期限が迫ってちょっと焦り気味な方も!?
お気軽にご相談いただけましたら幸いです。

是非、お祝い事大好きコンシェルジュの金子が、貴社の記念もしっかりご担当させていただきます。

少しでもご興味おありの方は、まずはご相談から。こちらのURLへお問合せくださいませ!!!

私たちが、心を込めて記念品をご提案いたします。concierge service私たちが、心を込めて記念品をご提案いたします。concierge service