コラム

“これいい和ナチュラル”の可能性(伝統工芸品×SDGs)

2021.08.09

今回のコラムは伝統工芸品×SDGs第4弾!!

第一弾ではSDGsとは何か??
そしてそれを活用して今一度日本の文化にスポットライトを当てられるのではないか??ということ。
https://japan-novelty.jp/column/486/(伝統工芸品×SDGs①)

第二弾ではSDGsのどの項目に伝統工芸品が当てはまってくるのかということを書かせていただきました
https://japan-novelty.jp/column/587/(伝統工芸品×SDGs②)

第三弾では個人的におすすめしているこれいい和のSDGsグッズに関して書かせていただきました!
https://japan-novelty.jp/column/771/(SDGsを伝統工芸品グッズに!!×SDGs③)

是非こちらも読んでいただいた後にこちらを読んでいただけましたら幸いです。

さて、今回はSDGsグッズをずっと作りたかった私がこれいい和の商品の一つとして考案した商品をご紹介できればと思います!!そしてこちらの商品でどのような流れを作りたいのかそういった観点で書かせていただきます!!!

その新商品とは

“これいい和ナチュラル”という商品です!!

新商品の企画ってなにが大変かというと商品名これがとても悩みました。

こちらの商品。
何が特徴かといいますと、

化学染料ではなく天然染料を使用し、お客様に合わせて商品を自由に染色できるという点です。

植物染めという弊社独自の染色技術で草木染めと同じような自然独自の色合いを表現しつつ、さらに草木染とは違い洗濯しても色が落ちにくいという特徴がございます!

さらにさらに、ただ植物から染料を取るというだけではなく、液体や、鉱物(微粒子上に砕く必要あり)まで染料として使用することができるのです!!!

つまり、

・企業様の周年記念品でシンボルとなるお花で染色する
・社長様がお好きなお酒で染色する
・お茶、コーヒーなどが売りの企業様でしたらその出がらし等から染料を抽出し染色する!

このように各企業様によってストーリーを作り一点だけの周年記念品が作製可能ということです。

そして、なにより自然に優しい染色な為、化学染料を使用している商品と比べ圧倒的に環境に配慮した製法で染色をさせていただいております。

染料の工夫によってはより環境に配慮した染色も可能です。

捨ててしまうコーヒー、お茶の出がらしから染色する。
処分しなければならない野菜から染料を抽出して染色する。こんな工夫もできるのです。

そしてこれいい和での新商品ということで、もちろん日本の染色工場ですべて染色しております!

地方の染色企業は伝統工芸品の職人さんたちと同じく、厳しい状況です。

そういった地方の染色工場にも貢献できる商品ということです。

染色のやり方、染色をする場所こちらの良い循環を作り出し、SDGsという取り組みから日本のモノづくりを支えることを目的とした商品です!!

現状リリースしている染色できる商品はタオルハンカチのみとなっておりますが、
こちらの商品のラインナップを企画検討中!

染色できる商品であれば、なんでも対応可能となっておりますので、ご要望お待ちしております!

そしてその商品たちは基本的には職人さんが作製した日本製の商品であればいいなと思います。基本的には作製ロットの融通を聞かせるために既製品で染色できる商品をそろえていこうと考えておりますが、大きなロットが必要というお客様がいらっしゃった際には、糸から染色し、そこから商品を完全OEMで作製も検討。

因みに、目標は、

私の出身地が織物で有名な山梨県富士吉田市というところでして、私の実家も糸系の家業を営んでおります。そこのつながりから糸は仕入れ、地元貢献することです。

最後に、これいい和ナチュラルを考案した理由。

こちらの商品を考案した理由として、伝統工芸品×SDGsという面で納得させられる理由、要因を作りたいた為です。

伝統工芸品×SDGsということで伝統工芸品というだけでSDGsですよ、と言いたいとこではあるのですが、正直そこまでの考えを広めていくにはなかなか時間がかかりそうです。

その為、染色方法からSDGsを意識した染色方法をとりいれ、工芸品の魅力、汎用性の高さを広げていければと考えました。

SDGsグッズです!
と主張する商品はこれからどんどん増えていくと思います。
そうなると必ずSDGsに対して規制も高まっていくと思います。

そこで工芸品が残れるのか数年先にはなるかと思いますが、そういった流れの時に工芸品の入り口としてSDGsであるという部分を残しておきたい。そのちょっとしたきっかけづくりとしてこの商品を考案したという背景もあります。

今後このあたりの考え方はより洗練させていく必要はあるかと思いますので、今回のコラムでのふんわりとしたまとめでご容赦ください。

ありがとうございました。

私たちが、心を込めて記念品をご提案いたします。concierge service私たちが、心を込めて記念品をご提案いたします。concierge service