コラム

伝統工芸品×SDGs第5弾

2021.10.24

伝統工芸品×SDGs第5弾として今回は、これいい和以外で取り組まれている工芸品とのコラボ商品に関して触れていければと思います。

下記これまで書いたコラムも読んでいただけましたら幸いです。

https://japan-novelty.jp/column/486/(伝統工芸品×SDGs①)
https://japan-novelty.jp/column/587/(伝統工芸品×SDGs②)
https://japan-novelty.jp/column/771/(SDGsを伝統工芸品グッズに!!×SDGs③)
https://japan-novelty.jp/column/888/(“これいい和ナチュラル”の可能性伝統工芸品×SDGs

昨今SDGsがより注目されている世の中で様々な有名ブランドで環境に配慮した商品がとても増えています。その中で、伝統工芸品、日本の職人さんに焦点を当てて、商品を作製しているブランドも増えているように感じます。またもともとあった伝統的な商品をもとにうまれた商品も最近よく目にします。

今回は個人的に最近目にしたそういった伝統工芸品とブランドとのコラボ、もともとあった日本古来の商品を工夫してできた人気商品に関してご紹介と学んだことを書いていきたいと思います!

  • ナイキ

2021年8月に藍染のスニーカーが発売されました。

個人的にとても好きなシューズメーカーなので藍染のシューズが発売されたのはとても驚きでした。ナチュラルカラーをコンセプトに作製されたシューズで、徳島県の藍染とのコラボ商品となっております!また、シューズ自体のフォルムも日本古来の足袋のような形をしており、とても斬新なデザインです!!

ただのシューズではなく、日本の伝統を今風に変化させできた商品、またナチュラルカラーという名称も環境に配慮していることを考えた商品だと感じます。

https://www.fashionsnap.com/article/2021-08-19/ispa-nike/から引用

超有名なナイキから藍染の商品が出るということはとても面白いなと感じました!

これをきっかけに多くのブランドが職人さんとのコラボに目を向けるでしょうし、日本製の商品、日本古来の物づくりの特徴、すばらしさをしるきっかけになうるものだと思います!1足6万円越えは正直私は手が出ませんが、スニーカー好き、収集家のかたなら買ってしまう商品なんだろうなと感じます。

  • unda

最近流行っている雪駄風のスニーカー。和風の装いでも、私服でも合う商品です。

雪駄は日本に昔からある伝統的な履物です。その雪駄に現代風のアレンジを加え、クッション性、履き心地を工夫してできた商品です。

雪駄ならではの良さを残しつつも、現代のデザイン、若者の思考に合うように出来上がった商品です。

また商品作製も雪駄の職人さんが行っており、日本の物づくりの可能性、発想しだいでまだまだいけるんだということを感じる商品です!

https://goyemon.official.ec/k参照

雪駄を現代風にという発想、しかもここまで流行らせることが単純にすごいなと感じました。まだまだ発想しだいで様々な商品を生み出すことができるのだと学びました。

こういった商品はほかのブランドもどんどん真似するでしょうし、これからの広がりがより楽しみです!

伝統工芸品というものになかなか触れることのないかもしれませんが、こういったコラボがることは普段の生活に工芸品が浸透する良い流れだと感じます。こういった商品も参考に私たちも面白い商品を世の中に出していければと思います!

私たちが、心を込めて記念品をご提案いたします。concierge service私たちが、心を込めて記念品をご提案いたします。concierge service