伝統工芸品ノベルティ

越前和紙

越前和紙

全国に数ある和紙産地の中でも、1500年という長い歴史と最高の品質と技術を誇る越前和紙。その発祥について伝説が伝えられています。

 

美濃焼

美濃焼

美濃(東美濃地方)で焼かれた器であり、土ものだけでなく・磁器の産地でもあり、焼物の国内シェアは半分以上を占めます。

 

村上木彫堆朱

村上木彫堆朱

新潟県村上市は古い城下町で、村上地方の漆技は今から600年前、京都から寺院建築に来た漆工が始めたものと伝えられています。

 

輪島塗

輪島塗

石川県輪島の地で、連綿と守り伝え続けられる技術こそが、丈夫さ・美しさ・修理のしやすさを見事に兼ね備えた、先人の知恵の結晶「輪島塗(わじまぬり)」です。

 

伊賀組紐

伊賀くみひも

伊賀くみひもは、絹糸を主に、金銀糸などを組み糸に使い、伝統的な組台でつくられます。特に手で組み上げる”手組みひも” が有名で、美しく染め上げられた絹糸が織りなす ”組み” 独特の風合いには色あせない魅力があります。

 

山中漆器

山中漆器

山中温泉の湯治客への土産物として造られるとともに、江戸中頃からは会津、京都、金沢から塗りや蒔絵の技術を導入して木地とともに茶道具などの塗り物の産地として発展をしてきました。

 

有田焼

有田(伊万里)焼

有田焼とは、佐賀県有田町を中心に焼かれる磁器のことです。17世紀初頭、朝鮮人陶工・李参平らによって泉山で陶石を発見し、日本で初めて磁器が焼かれました。当時は、その積み出しが伊万里港からなされていたので、「伊万里(いまり)」とも呼ばれます


伊勢木綿

伊勢木綿

江戸時代から250年以上続いている三重県の伝統織布「伊勢木綿」。最上質の綿を一本に撚り、糊で固め、慎重に織り上げられた上質の木綿生地は柔らかく、使えば使うほど生地が柔らかくなり、綿に戻ろうとしていくのが特徴です。

 

津軽塗

津軽塗

津軽塗は、日本各地の漆器の中でも最も堅牢と言われており、代表的な4種類の技法(唐塗、七々子塗、錦塗、紋紗塗)をもち、これらを基に作られています。特色として「研ぎ出し変わり塗り」という幾重にも塗り重ねた漆を平滑に研ぎ出して模様を表す方法で、この繰り返しに数十回の工程、二ヶ月以上の日数を費やします。

 

京扇子

京扇子

扇子の歴史は、約1200年前の平安時代初期といわれています。京扇子は87回職人の手を通るとされ、製造においては、上絵や扇面、扇骨など工程ごとに職人がおり、分業体制が敷かれています。また、国内の扇子の生産高の約9割を京扇子が占めるほどになっています。

 

博多織

博多織

博多織は先染めの糸を使い、細いたて糸を多く用い、太いよこ糸を強く打ち込み、主にたて糸を浮かせて柄を織り出すのが特徴です。生地に厚みや張りがあり、締めたら緩まないということで、古くは重い刀を腰に差す武士の帯として重用され、今でもその特性が活かされています。

 

波佐見焼

波佐見焼

波佐見焼の特徴は、透けるような白磁の美しさと呉須で絵付された染付の繊細で深い味わいにあります。そして透かし彫りや編目模様の優雅さは波佐見焼ならではのものです。日用食器のシェア全国3位をもつ波佐見焼ですが、その中にはグッドデザイン賞を受けている製品もあり、産地をあげて質の高い製品づくりを目指しています。

 

久留米絣

久留米絣

久留米絣の緻密でありながら、素朴で温かみのある絣模様は、小柄、中柄、大柄、絵絣まで、様々な種類があります。たて糸とよこ糸が織り成す紋様は精巧さを極め、美しく、木綿ならではの素朴な風合いがあり、いにしえのロマンを物語る逸品です。

 

甲州印伝

甲州印伝

甲州印伝は、鹿革に漆で模様を付けたものが特徴で、この革を使って様々な製品を作っています。鹿革は、体になじみ強度を備えていることから、武具にも盛んに使われており、戦国時代には鎧や兜に使われてきました。明治期になると信玄袋や巾着袋等が内国勧業博覧会において褒章を得るなど山梨県の特産品としての確固たる地位を築きました。

 

加賀友禅

加賀友禅

加賀友禅は、写実的な草花模様を中心とした絵画調の柄を特色とし、落ち着きと優しさが美しく表現され、武家風の趣がよくわかります。また色彩は、「加賀五彩」である藍、臙脂(えんじ)、黄土、草、古代紫を基調とする紅系統を生かした多彩調です。加賀友禅は最後まで染だけで仕上げられ、刺繍や金銀箔などによる加飾をほとんどしない「染の味」「染の心」が生かされています。 公開準備中

 

白河だるま

白河だるま

白河だるまは、幸運の象徴とされている「鶴亀松竹梅」が顔の中に描写されているのが最大の特徴であり、そのデザインは絵師・谷文晁(たにぶんちょう)が行ったとされています。眉は鶴、ひげは亀、あごひげは竹、びんひげは松と梅を模様化した縁起の良いだるまです。白河だるまは「祈願だるま」としても知られており、目なしだるまに願いを込めて目を書き入れるならわしもあります。公開準備中

 

ページ上部へ